すぐ禁煙のチャンピックス

チャンピックスという薬、禁煙を考えたことのある方なら知っている方も多いのではないでしょうか?ファイザー株式会社から製造・販売されている禁煙治療薬チャンピックスについて、メリットデメリットを隠さずご紹介しています。

禁煙を考えるならチャンピックス

チャンピックス通販ならすぐ禁煙できる!

自力でタバコをやめるのは無理だけど、禁煙外来を受診するのは気が重いという人には、チャンピックスをネット通販で買うという方法があります。
医薬品の通販は、個人使用の目的のみであれば合法です。ただし、譲渡や転売は違法にあたるので注意してください。また、服用に関して生じたことは全て自己責任になるので、副作用なども事前に確認しておくようにしましょう。
いろいろ注意はありますが、信頼できる業者というのはある程度ランキングで把握できるので、ランキング上位の業者のなかから利用しやすいところを選んで購入すれば、それほど危険はありません。
チャンピックスは、使った人の92.6%が禁煙に成功している禁煙補助薬です。従来までのニコチンパッチやニコチンガムなどに比べると、成功率がかなり高くなっています。
従来までの薬と大きく異なるのは、ニコチンが含まれていないところです。チャンピックスの有効成分は「バレニクリン」というもので、この成分が脳のニコチン受容体に結びつくことで効果を発揮します。
主な効果は、タバコを吸いたいという感情を抑える、タバコを美味しく感じなくさせる、の2つです。万が一タバコを吸ってしまっても、美味しいと感じられなくなっているので、禁煙に成功しやすいです。
吸いたいという気持ちを抑えてくれるので、イライラせずに無理なく治療することができます。
今までニコチンパッチやニコチンガムを試したけれども、禁煙に成功しなかったという人に向いています。
副作用として吐き気や頭痛があらわれることがありますが、服用を続けているうちにおさまってくることが多いです。
ネット通販で購入すれば、すぐにでも禁煙治療に取り組むことができます。

チャンピックスという禁煙の仕方

チャンピックスは、タバコを美味しく感じなくさせる薬です。禁煙外来で処方してもらうことができます。
これまでにも禁煙補助薬はありましたが、ニコチンパッチやニコチンガムなどでタバコの代わりにニコチンを補充する、というものでした。これにより、タバコのニコチンが切れた時のイライラや身体的苦痛などの離脱症状を抑える目的で使われていました。
しかし、ニコチン依存症の場合には、ニコチンが含まれた補助薬だと根本的な解決にならないことが課題でした。ニコチン依存症になると、脳のニコチン受容体にニコチンが結びついた時に快感を感じさせるドーパミンの快感が忘れられなくなり、何本も吸ってしまうようになります。
ニコチン依存症は、意思の力でどうにかなるものではありません。これに対して、ニコチンを含まない新しい治療薬がチャンピックスです。チャンピックスは、ニコチンを補うのではなく、ニコチン受容体に作用しながら離脱症状や喫煙欲求を抑えることができます。
吸いたい欲求が抑えられるとともに、ニコチンの受容体に先回りしてブロックしてしまうため、タバコを吸っても不味く感じられるようになります。
チャンピックスは、飲み始め1週間後から徐々に服用量を増やしていきます。禁煙開始日の1週間前から服用を開始します。つまり、チャンピックスの服用8日目が禁煙開始日にあたります。これを合計12週間続けます。
ニコチンパッチやニコチンガムなどとの補助薬とチャンピックスは、併用しないようにしてください。有効性や安全性が確認されていません。
禁煙治療中には、気分の落ち込み、体重増加、不眠、などが起こることがありますが、その点も含めて医師に相談しながら治療を進めていくことが大切です。

チャンピックスの添付文書にある重篤な副作用

チャンピックスは飲む禁煙補助薬で、12週間続けることで、高い禁煙成功率があり、全体でおよそ6割、中断することなく5回の通院をした場合は8割から9割がタバコなしでも生活できるようになるといわれています。
自力で禁煙出来ない人は、この薬に頼った方が良いので、病院でもらうことをおすすめしますが、個人輸入代行通販でも買えるので、サイトから入手するときは自己責任で利用しましょう。
チャンピックスは医薬品なので、人によっては副作用が起こります。
厚生労働省医薬食品局もそれを認めていて、チャンピックスの添付文書には使用上の注意としてめまい、傾眠などがあると書かれてあります。
意識の低下や消失などで意識障害を起こし、自動車事故も発生しているので、服用後の運転は気を付けるようにしてください。
また2007年には、FDA(アメリカ合衆国食品医薬品局)が、自殺念慮や自殺行為、奇異行動、眠気など、いくつかの重篤な副作用があると、市販後調査で報告されたと発表しました。
2009年になると、FDAはこの薬をもっとも強い安全上の警告である黒枠警告に移動し、日本でも同様に警告枠に注意書きをするようになりました。
チャンピックスの副作用でもっとも多く報告されているのは、吐き気や便秘、頭痛などですが、それほど重い症状にはなりません。
イライラしたり、怒りやすくなったり、不眠や不安感、異常な夢、気分の落ち込みのようなことも起こりますが、これらは禁煙による禁断症状でも起こるので、チャンピックスの副作用かどうかは判断できないようです。
また心血管系疾患を持つ患者の場合、副作用のリスクが少し増加することがわかっているので、この薬を服用するときは、まずお医者さんの診察を受け、検査などを行ってから処方してもらうようにしましょう。