チャンピックスという薬、禁煙を考えたことのある方なら知っている方も多いのではないでしょうか?ファイザー株式会社から製造・販売されている禁煙治療薬チャンピックスについて、メリットデメリットを隠さずご紹介しています。

禁煙を考えるならチャンピックス

タバコを抑えるチャンピックスとブプロピオンの開発

喫煙することを習慣としている人にとって、タバコをやめるというのは大きな決断です。
普段からタバコを吸っているとそれがないというだけで不安に思ってしまう人も多く、吸うこと自体をやめてしまうとなると相応の不安を抱かざるをえないのが事実です。
禁煙に成功する自信がないからこそ喫煙を続けるという人も珍しくはないものです。税金の引き上げや社会的な影響を受けてタバコの消費自体は低下しているものの、こういった喫煙者が根強いことから消費が完全に途絶えるという方向には動いていません。
しかし、チャンピックスが登場したことによって、これまで禁煙への取り組みを躊躇していた人もチャンピックスを使えば禁煙できるかもしれないと一歩踏み出すようになったのも事実です。
国内では認可されて保険治療が行える薬にはチャンピックスしかないものの、世界的に見ればブプロピオンもまたその候補の一つとなっています。
ニコチンを置き換えるタイプの薬とは違い、ブプロピオンもまたニコチン依存症を緩和しながら禁煙治療を行える薬として注目されています。
もともとは抗うつ薬として開発されてきた経緯もあり、日本では承認されていないのが現状です。しかし、ブプロピオンはFDAによって禁煙補助剤としても認可を受けて使用されるようになっており、個人輸入代行を利用して消費へと動く人も散見されるようになっています。
チャンピックスとは作用メカニズムが異なることから、どちらかで禁煙に失敗してももう一方を利用することで成功することが期待できます。
そういった考え方から、積極的に禁煙に取り組もうと考える際には有力な選択肢としてあげられるものとなっているのがブプロピオンなのです。