チャンピックスという薬、禁煙を考えたことのある方なら知っている方も多いのではないでしょうか?ファイザー株式会社から製造・販売されている禁煙治療薬チャンピックスについて、メリットデメリットを隠さずご紹介しています。

禁煙を考えるならチャンピックス

チャンピックスを服用する方は未成年からの喫煙が影響

チャンピックスは、禁煙補助薬として、世界初の飲み薬で、今や多くの国々で使われており、絶大な効果があります。
これは外資系の某製薬会社が開発したものです。国内でも補助薬の中ではよく使われており、多くの方がこのチャンピックスで禁煙ができたと、賞賛しています。
ただしチャンピックスには、副作用として眠気やふらつきがありますので、車の運転には注意しておきましょう。また心臓関係の薬とは場合によっては併用できないことがありますので、もし心臓関係の薬を服用していれば、かならず医師や薬剤師に伝えておきましょう。
チャンピックスはすべての医療機関でもらえるわけではないです。「禁煙外来」の許可をとっている医療機関でしか診てもらえませんので、受診されるさいには、電話で確認しておくといいでしょう。
この禁煙外来を受診されるほとんどは、ヘビースモーカーであり、未成年のころからタバコ体験があります。中学からタバコの体験があるという人も少なくないようです。
ですから大人になってからタバコを止めるのがかなり難しいのです。止めるのがどうして難しいので禁煙外来に足を運んでこられます。
タバコの値上げや健康志向が原因になっていますので、これらを機に止めることを決意されています。
ニコチンガムやニコチンパッチの体験で効果がなかったという方は、一度この禁煙外来を受診してチャンピックを服用してみることをおすすめします。
絶大な効果におそらく驚愕されることでしょう。ただし未成年者が受診しても保険は適用されませんので、診察から薬代まですべて自己負担になります。
未成年者の場合は、まずは家族との話し合いを持ち、それでも改善されないときは医療機関や青少年福祉協会に相談してみましょう。